SERVICE仕事を知る

成長の軌跡を語る ICTで
こどもの笑顔が見たい

HONAMI ITO

伊藤 帆奈美

公共システム部 公共サポート課
2015年入社

[ 画像 ] 伊藤 帆奈美

就職活動での出会い。学んだ知識や体験が地域で生かせると直感しました。

私は、大学で情報社会の課題を分析し、解決策を構築する仕組みを学んできました。実習を通して企画提案やコミュニケーション技術を学んだことは、今の仕事にも役に立っています。例えば、人前に立ってプレゼンすることは、機器の操作方法を説明する仕事に重なっています。実は、遠鉄グループの中に、システムサービスの会社があることを知ったのは就職活動中。企業説明会でお話を聞くと、大学で学んだことを仕事や地域に役立てることができるのではないかと思いました。また、多くの地元企業の中で、対応する社員の皆さんの温かい雰囲気が印象に残りました。入社面接の時には「この会社で地域の情報教育に携わりたい」という思いが固まっていました。

[ 画像 ] 伊藤 帆奈美

夢叶って、教育の現場でICTサポート。
でも、まだまだこれからです。

自分の目標がはっきりしていましたので、当初から現在の部署を希望していました。現在、入社2年目となる私は、小中学校にパソコンやタブレットなどのICT機器を導入したり、その後の点検や障害対応を行ったりしています。授業におじゃまし、先生に代わって機器の操作方法を説明することもあります。また、先生がたから機材の使い方や設定についてのいろいろな質問や相談もいただきますが、まだ私では回答できないことが多く、上司に相談したり持ち帰って調べたりしています。これは、機材導入時には、すでに社内の技術スタッフにより基本設定が済んでいることもあり、今後は導入前の作業も自分でできるよう技術面を磨きながら知識を増やしていく必要を感じています。

[ 画像 ] 伊藤 帆奈美

突然のチームリーダーを体験。
「ありがとう」で成長を実感しています。

サポート全般を自分で担える、いわゆるICTコンシェルジュを自身の目標とする中、ある日、大役がまわってきました。新規エリアの学校のパソコンを入れ替える仕事で、70台ほどの数が対象となりました。そこで、外部スタッフを含む5人のチームが組まれ、私がリーダーを任されることになりました。「私がリーダー?」そう思いながらも、プランを立て、誰が何をいつまでにするかをスタッフに伝え、無我夢中で作業を進めていきました。学生時代の授業とは違い、プロとしてチームを動かすリーダーとして取り組んだ経験は、自身の大きな成長につながったと感じます。お客様から「ありがとう」と声をかけていただけたときの喜びや、自分の名前を覚えていただけたときの嬉しさが、私の仕事への活力となっています。

学生へメッセージ!

大学で学んだことを活かして「地域貢献」がしたいという思いが、当社の掲げる理念「地域貢献」と共感しました。
仕事や会社を決めるとき、共感する何かが見つけられるかどうかが大事なのかもしれません。

プロジェクトを語る 入社5年目、
大きなプロジェクトがやってきた

KEI TAKEUCHI

竹内 慧

グループ情報システム部 グループシステム課
2008年入社

[ 画像 ] 竹内 慧

時間をかけて取り組んだ
プロジェクト。

私は、遠鉄グループ向けの業務アプリケーションの設計開発やサポートを行う部署に所属し、旅行の業務システム管理をメインに担当しています。そのシステムによってツアーの企画や予約、実績などが管理・運営されています。これまでに関わったプロジェクトで特に記憶に残るものといえば、入社5年目、2012年にグループ全体のOSをwindowsXPからwindows7へ移行するタイミングで、旅行業システムも新しいOSに対応したアプリケーションに更新していくというものです。旅行業システム更新チームは5名で編成され、1年以上の時間をかけて取り組みました。ラストスパートが特に大変だったのを思い出します。

[ 画像 ] 竹内 慧

スタッフをまとめ、お客様とチームをつなぐサブリーダーを任される。

プロジェクトは「プログラムを昔の言語から新しい言語に更新して、正しく動作するかをチェックして、「うまく動かないものがあれば対応して完成にもっていく」というのが大筋の流れです。チームはリーダーを頭に、私はサブリーダーとして3人のスタッフのまとめ役を担当しました。2週間に1度、ミーティングが設けられ、クライアントにヒアリングをしてクライアントの業務とシステムの現状について共有することから始め、課題や効率のいい仕組みなどを検討したり、提案したりしていきました。当初、私は旅行業務の用語や知識不足に戸惑い、クライアント側はシステムの用語や仕組みが分からずという状況の中、プロジェクトが進んでいきました。

[ 画像 ] 竹内 慧

チームとお客様とのコミュニケーションに成功のカギを見つける。

先輩であるリーダーには実務のサポートだけでなく、クライアントとの仕事の進めかたも学びました。私は、クライアントに分かりやすいよう、また、お互いの意思を通じ合わせるために、システムの流れや仕組みを図や表を使い資料にまとめ、限られた時間の中での円滑な進行を考えました。1年以上集中して取り組んだプロジェクトの最後は、納期との戦いとなりましたが、先輩やスタッフの力と、クライアントのご理解ご協力のおかげで無事遂行しました。稼働後にも課題がありましたが、周りの協力を得てすべて解決することができ、がんばった甲斐があったと実感しました。また、同じ目標に関わる人たちとのコミュニケーションがとても大切に感じたプロジェクトでもありました。

学生へメッセージ!

お客様と直接打ち合わせをして、設計・開発・テスト・納品までのすべての工程に関わることができます。システム業界でいう上流工程から下流工程の全体に携われることができるので、いろいろなノウハウが自身のスキルアップにもつながると思います。

この街を元気にする仕事がしたい。

幅広い事業を展開する遠鉄グループのICT部門「遠鉄システムサービス」で活躍する仲間を募集しています。