• ホーム
  • お客様の声 浜松市立中瀬小学校

浜松市立中瀬小学校

お客様の声

「子供たちの思い•願いを
かなえたい。」
子供たちの
意気込みに応える
先生方を支援

浜松市立中瀬小学校
市川 校長 / 加藤 教諭 / 有谷 教諭

学校教育でのICT利用促進を目的とした実践・検証プロジェクト「らくわくプロジェクト」に
2017年度から参画している浜松市立中瀬小学校。
プロジェクトの一環として5・6年生を対象に立ち上げた「情報部」で教員が子供たちと共に試行錯誤を重ねながら、
将来的に通常学級や特別支援学級でのプログラミング教育に活かすことを目指しています。
同校の市川校長をはじめ、プロジェクトの中核を担う先生方にお話を伺いました。

浜松市立中瀬小学校
市川 校長

浜松市立中瀬小学校
加藤 教諭

浜松市立中瀬小学校
有谷 教諭

子供たちが情報社会に参画する手立てを実践・検証

浜松市立中瀬小学校

市川様2020年度から完全実施される新学習指導要領において注目されているプログラミング教育と外国語活動に不安を感じる教員がいることを感じていました。そのため、その不安を取り除くための手掛かりを得ようと、遠鉄システムサービスの担当者と共に、教育用コンテンツを扱う企業を訪れました。そこでレゴのプログラミング教材「WeDo2.0」や提示型ソフト「小学校英語SWITCH ON!」等を体験し、らくわくプロジェクトへの参画を即決しました。

加藤様このプロジェクトは、子供たちが情報社会に主体的に参画し、その発展に寄与しようとする態度等を身に付けられるようにするため、どのような手立てがあるかを実践・検証するものです。遠鉄システムサービスには、ハードウェアやソフトウェアの導入、ICT支援員の派遣などで支援を受けています。

プログラミング教育の研究は部活動(情報部)から

浜松市立中瀬小学校

市川様情報部を立ち上げたのは、教育内容の制約のない部活動でプログラミング教育に関する試行を繰り返す方が自由度の高いよりよい実践ができるのではないかと考えたためです。例えば、プログラミング的思考を授業で取り上げようとしても、具体的な方法の研究が深まるのはこれからです。また、ICTを苦手とする教員がパソコンの使い方やプログラミングを勉強する必要も生じます。算数科の図形学習でプログラミング的思考を生かすことはよいアイディアかもしれませんが、学習指導要領との整合性を確認しなければなりません。そのため、情報部のような制限のない環境で純粋に子供たちと楽しみながらプログラミング教育を実践・検証し、通常学級・特別支援学級に活かそうと考えたのです。

加藤様情報部の活動は週1回、放課後の2時間程度です。2017年度は部員24名が参加しました。

児童・学校教育を考えたESSのサポート

浜松市立中瀬小学校

有谷様遠鉄システムサービスからは以前から、校務で利用する教員用ノートパソコンや、パソコン教室の児童・生徒用パソコン等に関するサポートを受けていました。今回、らくわくプロジェクトのためにタブレット等を導入する際に感じたのは、遠鉄システムサービスが子供たちのことをよく考え、学校教育を理解してくれているということです。「このような理由から、このタイミングで導入したい」とお話しすることで、スケジュールを早めて対応してもらえました。「タブレットの画面にこのようなアイコンを置いてほしい」といった細かい要望にも対応し、シャットダウンやタップの方法等も子供たちが使いやすいように変更してくれました。

加藤様導入後の運用段階でも、遠鉄システムサービスの担当者と情報を頻繁にやり取りし、学校が困っている点を意識した提案をもらっています。

ロボット綱引きに歓声が上がった

浜松市立中瀬小学校

市川様情報部の活動が始まって驚いたことは、子供たちは設計図がなくても、試行錯誤を繰り返しながら、プログラムをつくっていくということです。

加藤様「Scratch」というソフトでキャラクターやボールを動かす活動では、子供たちは仲間と話しながら、教員の想像を超えるプログラムを完成させました。

有谷様プログラミングを体験すればするほど、子供たちの中にやりたい事がどんどんふくらみ出てきます。それらを実現したいという思いがとても強いため、子供たちは一生懸命に考えます。教員も頭を搾らなければならないほど高度なことを目指す子供も現れています。

加藤様「WeDo2.0」も人気です。ロボット同士の綱引き大会は、大歓声に包まれました。

ICT支援員は、児童の「こうしたい」に応えてくれる

浜松市立中瀬小学校

有谷様情報部で子供たちにサンプルとして見せるすべてのプログラムを教員が用意するのは、時間的に難しいこともあります。そのようなときは、定期的に学校を訪問する遠鉄システムサービスのICT支援員に事前に依頼し、サンプルプログラムを作成してもらいます。タブレットやロボットのメンテナンスもお願いし、円滑な活動を支えてもらっています。

加藤様ICT支援員は、子供から難易度が高い要求があっても、翌週の活動までの1週間で実現できるように準備してくれます。できないことを可能にしてくれる存在で、助かっています。

ESS杯プログラミングコンテストで成果を発表

浜松市立中瀬小学校

加藤様情報部では、成果発表の場として、「~○○を笑顔にしよう~」というテーマで、遠鉄システムサービス杯プログラミングコンテストを開催しました。

最優秀賞は、「リーボンちゃん」というロボットについて発表をしたチームでした。丸付けをする先生の手をセンサーで感知し、声で応援してくれるものです。
他の子供たちの発表についても、大変盛り上がりました。

浜松市立中瀬小学校

プロジェクトの効果が見え始めた

加藤様職員室に保管しているタブレットの使用頻度が、上がってきています。他の教員の授業実践を見た別の教員が、ICTを活用した授業に積極的に取り組むといった波及効果が生まれています。

有谷様使用頻度が向上した1つの理由は、遠鉄システムサービスのICT支援員の存在ではないかと思います。ICTの授業への活用について教員を対象にアンケートを実施したところ、機器の不具合を心配する人の割合が高いという結果が出ました。そのような不安がある中、ICT支援員は不具合にすぐに対応してくれ、サポート担当者と連携して解決に導いてくれるため、大きな安心材料と言えます。

市川様以前、学校にパソコンが導入され始めたころ、教員が抱えていた不安も同じようなものでした。当時からICT支援員のような方たちがいれば、問題をもっと早く解決でき、授業を更にわかりやすく楽しくできたのではないかと思います。

CONTACT

お問い合わせ

一般企業の方
TEL.053-452-0701
TEL.053-452-0701
教育・自治体関係の方
TEL.053-452-0705
TEL.053-452-0705

メールフォーム

pagetoppagetop

Copyright(C) 2018 Entetsu System Service co., Ltd. All rights reserved. Copyright(C) 2018 Entetsu System Service co., Ltd. All rights reserved.